2021年度 新潟県公立高校入試 分析と2022年度 対策~国語~

新潟県公立高校入試

燕市 数学に強い個別学習塾・大学受験予備校
飛燕ゼミの塾長です。



2021年度 新潟県公立高校入試 分析と2022年度 対策~国語~

 

2021年度入試の特徴難易度(昨年度と比較)その他の注目点

言語事項(文法など)が小問集合の大問として独立。読解は大問四のみに。古典の記述は50字。

大きな変化なし。同一著書の2か所を見て要点を書く120字の記述が出題される。表現・作文に発展する可能性もあるので要注意。

国語の対策(巻高校・三条高校を目指す人へ)

テーマ配点備考

漢字の
読み書き

20点

・読みは中学生3年生レベル
・書きは「幹…小5」「営む…小5」「役割…小6」「統計…小5」「効率…小5」
全問小学生履修内容からの出題→全問パーフェクトを目指したいですよね。

言語事項15点文法問題。教科書改訂によって今後、難化する可能性あり。知らない言葉は調べるなどして知識の拡充を。意図的に文法問題への演習量を確保し、得点に結びつけたい。
古文30点新潟県公立高校入試過去問、他県の入試問題で典型型に多く触れ、古文慣れをしておく。巻高校、三条高校以上のレベルの受験生は「記述問題」も確実に得点に結びつけたい。
評論35点

このテーマで点数が取れない、安定しない人は「本文が正しく読めていません」断言できます。一度、音読してみてごらん。読めない漢字、知らない言葉、読み飛ばしがわんさかですよ。
・本文を正確に読む
・設問に問われていることだけを自身の想いを挿入することなく、本文に使われている要素を淡々と書き写す。
この2点に気をつけると点が伸びますよ。

追記|全国傾向として「表現」「作文」の出題が増えています。
教科書改訂による出題内容の変更があるとすれば「表現」「作文」の出題が考えられます。
資料を読み取り、簡潔にまとめる練習もしておくと良いかもしれません。

 


飛燕ゼミ入塾基準
■高校部
通学高校の指定はありませんが本気で努力する人。
■中学部
定期テスト中1・2は350点以上,中3は380点以上。
お問い合わせフォーム
電話0256-92-8805
受付時間|10:00~17:00&21:50~22:30
※17:00~21:50は授業中によりご遠慮下さい。
※日曜・祭日 休校

タイトルとURLをコピーしました