成績が伸びる人と残念な人との違い

燕市 個別指導塾 数学に強い
大学受験予備校 三条高校巻高校受験専門塾の塾長です。

【成績が伸びる人と残念な人との違い】

以下の写真内、ピンク下線をご覧ください。

 

 

 

 

 

高校生から模試の質問対応での一場面です。

宇佐美「k^2-2k-39 を平方完成してね~」

Aさん(新潟大学志望、半年間でE判定からB判定へグンと伸びた高校生)

「えっ?なんでいきなり平方完成するの?その理由は?」とツッコミあり。

Bさん「…」で聞いています。

この差は大きいですよ。

三条市出身、現在65歳の元プロ野球選手、

ミスタータイガース掛布雅之氏の言葉です。

 

 

 

 

 

氏が現役の頃、試合を終えた後も毎回素振り500回を課していたそうです。

司会者「それはすごいですね」

掛布氏「そんなんプロやったら当たり前です。

でも、500回振って腕力が強くなるだけの選手と

相手ピッチャーの投げるコース、球種、球筋をイメージしながらの

素振り500回は全然違う、後になったら絶対わかる」と。

 

高校生「解説見ながらなら解けます」

まぁ解き直しをすること自体は良ですが、

模範解答を書き写す手の運動だけの高校生と、

数式の意味を理解しながら解き進める高校生、

「正しい努力」を積み上げることを意識すると成績は上がっていきます。


————————————————————————————————
飛燕ゼミ入塾基準
■高校部【通学高校の指定はありませんが本気で努力する人限定】
■中学部【定期テスト中1・2生は350点以上 中3生は380点以上】
※当塾は三条高校、巻高校受験専門塾です。
そのお気持ちのある【本気組】のみをお待ちしております。

お問い合わせ先|電話0256-92-8805
受付時間|10:00~17:00&21:50~22:30
※17:00~21:50は授業中によりご遠慮下さい。※日曜・祭日 休校