トップ

 

高校生“笑顔”になる数学あります。

-定期考査考査前 数学対策勉強会 5日間-

要項はこちらをクリック!新たなWEBページが開きます。

どんな学習塾?どんな予備校?

燕市吉田駅徒歩1分、オレンジ色が目印の三条高校・巻高校受験専門塾。
数学を鍛えて燕市からの大学進学を目指す大学受験予備校です。

中学生|同じ目標に向かって切磋琢磨

三条高校、巻高校を中心に公立上位高校受験専門塾です。
開塾20年 三条高校・巻高校合格請負塾です。地元の吉田中学校はもとより弥彦中学校、燕中学校、分水中学校、
燕北中学校、岩室中学校、巻東中学校、中之口中学校、三条大島中学校、寺泊中学校、
新潟大学附属長岡…(過去在籍者含)と遠方からの生徒さんもお預かりしております。
「燕市内で三条高校に合格したいから専門の学習塾を選んだ」
「巻高校合格にちょっと点が足りないから点数を上げてくれる塾を探した」
という理由での塾選びによりこっちの中学校から1人、あっちの中学校から1人…と集まります。
ですので、最初は顔見知りがいないこともあるかもしれません。
しかし、いつしかとても仲良くなります。
全員が三条合格!巻高校合格!とベクトルが同じだからです。
勉強することを良とし、茶化したりする子はなく【春になったら高校で同じクラスになろうね!】を
合言葉に切磋琢磨する良き仲間となります。
続く
飛燕ゼミの勉強するのが当たり前の快適空間での3つの指導ポイント!

ⅰ)一斉講義式での無駄を排除した個別演習指導が中心!
今更分かっている内容の講義を受けても意味がありません、しかもつまらない…。
自分より下のレベルに合わせた講義内容を聞くだけで力がつくとは思えません。
他者の解法を見たり聞いたりしているだけでは「勉強した気分になっているだけ」のゆでカエル状態です。

ⅱ)自己理解は再現性を高めるために手を動かす指導が中心!
新潟県公立高校入試において全く同じ問題は出題されません。
ではどうやって三条高校合格点、巻高校合格点を取るか?
新潟県公立高校入試問題は全国的にみて奇抜さや大きな変化が少ない傾向にあります。
したがって「この入試問題に似た問題を解いたことがある」と
いう手札の事前準備かつ再現性を高めることが合格への王道です。
この2つの最良の改善策が「たくさんの問題を解いて解いて解きまくる」ことです。
かつて、ベネッセ駿台マーク模試 数学ⅠAで全国一桁順位を獲得したT君が言っていました。
「数学苦手、数学分かんないって言うけど、どれだけの問題数やった?
僕は二次関数だけでも2,000問位解いたよ、あぁこの問題は〇〇のようにして解けば良いかな、と
自然に解法が浮かんでくるよ。
それ位こなしてからできない、分からないって言ってよね」と、この台詞を強烈に覚えています。

ⅲ)合格までに克服すべき箇所は違う 個別指導だから図の書き方まで指導できる!
空間図形、規則性、関数の分野は多くの中学生が苦手とします。
「図形が書けないからイメージが湧かない」「樹形図の書き方がわからない」と。
これらは「書いたことの経験が少ない」からです。
だったら書く練習から始めましょう!
図形問題は図の描き方から指導するので、直感的に捉えることができます。
また、別解も用意して複々線での解法を探ります。

高校生|いつでも通える勉強部屋

新潟大学合格を中心に数学を鍛えて燕市から大学進学を目指す受験予備校です。
吉田駅から徒歩1分の立地により高校帰りに勉強できます。
基本的に通い放題、質問し放題、勉強し放題、テスト前も長期休暇中も開いています。
多い子は週6回通塾で1週間当35時間を塾で過ごします。
これは学校に通っているのとほぼ同じ時間数です。
自習という名目での放置ではなく、私語もない、勉強に取り組める環境を準備しています。
通っている高校の制限はありません。
「数学が分からない…」を歓迎します、
「今よりもできるようになりたい」と志をもつ高校生を大歓迎します。
一緒に頑張りましょう!
通っている高校生・高校生の保護者の声
・家だとスマホにテレビ、ベッドがあるから集中できない…だけど飛燕ゼミなら集中できる。
・高校からの課題で分からない問題があればすぐに質問できるし、すぐに悩みが解決できて助かる。
・みんなが当たり前に勉強している。
・通塾日外でも分からない問題をLINEで送ると対応してくれる。
・高校帰りに立ち寄れる、堅苦しくない。
・テストも模試も、わかりやすく説明してくれる!何回質問しても丁寧に教えてくれる。
・塾だとめっちゃ集中してはかどる!
・宇佐美先生が学校で習わないような覚え方や解き方を教えてくれるのが面白い。
・個別ブースで一人、集中して勉強ができる。
続く
高校生の保護者の声
・塾で高校課題も終えてくるので、家ではくつろぎの時間なんだなぁと思うとダラダラしている姿を見ても腹が立たなくなった。
・テスト期間中はお昼から教室を開け、サポートしてくれるので子どもが喜んでいる。
・(子どもから)数学の説明がとても分かりやすいと聞いている。
・子どもがビクビクすることなく塾内の雰囲気が良い。不明点や朝テスト等に早目の対応をして下さる。

・通いやすさ、料金、マンツーマンでない、怖くない雰囲気。
・コロナで緊急事態宣言が出た際、息子に私立大学に変更してもいいから家庭教師に変える?と
いったら『絶対塾辞めない』と、居心地が良いみたいです。

数学が「ぐんっ」とできるようになる5つのコツ

1.自分の型に持ち込む
図形問題等で「なんでそんな補助線がひらめくの?」
それは「似た問題を解いたことがあるから」です、経験の差です。
難しい問題や初めて見る問題であっても自分の使うことのできる解法の種類、量を増やしておくと良いです。
自分の武器を増やすことが、数学の学力に直結します。
続く
2.問題文の読み方を変えてみよう
ⅰ)数学におけるキーワードを探す
キーワードとは「条件」「用語の定義」です。
ⅱ)探したキーワードからわかることを連想する
線分、直線、接線、絶対値、二等分線、ねじれの位置、比例定数、変化の割合、変域…等々の用語の定義を確認していますか?サラッと流していませんか?例えば高校数学ⅠAの範囲で「最小値」というキーワードがあれば「平方完成をするのかな」と連想を働かせます。
ⅲ)わからなくなったら、はじめから繰り返し読み返す
解法の途中で「あれ?次はどうするの?」「この式って何?」と訳がわからなくなり、頭の中がぐちゃぐちゃになってしまうことも多いと思います。そんなときは、今自分がやっていた計算が何を求めるための計算式なのか?と立ち止まりもう一度はじめから問題文を読み返してみましょう。落ち着き、整理することで正解に辿り着けるようになります。
3.間違えた問題がお宝
ただ問題を解くだけ、〇×をつけるだけなら時間の無駄、数学の成績を上げるための王道が間違え直しと解き直しです。
間違えた問題を解き直す過程で力が付きます。
間違えた問題・できなかった問題ができるようになって学力が上がります。
4.解説を使い倒す
知人を介して東京大学の学生さんとお話する機会がありました。
彼曰く「高校生のときは模試を受けた後、すぐに解説を見ながら解き直しをしていました。
その際に特に気をつけたことが
ⅰ)解説に書いてあることは一字一句見逃さない
ⅱ)計算は省略しない
ⅲ)図や表は面倒臭がらず完全コピペで書き写す
この3つを守りながら何度も繰り返した思い出があります」と。
5.友達に教えてあげよう
人に教える事で理解が深まります。
友達に説明することで、「わかる・できる」ではなく「わかっているつもり・できちゃった」と気づくことがあります。
また、友達に説明することで、その問題の解法について、自分の頭の中でしっかり整理ができます。
最後に
幼稚園児・保育園児がもつような素朴な疑問を遠慮せずぐいぐいと尋ねることです。
「こんな事聞いたら恥ずかしい」と思う方がナンセンスだと思いますよ。
分からない、素朴な疑問は何度も丁寧にお答えします。
空間図形や規則性は図の書き方から伝えるので「あっなるほどね!」と実感できます。
納得できたらスムーズに解けるようになるまで繰り返します。
これでできるようになります。
だから、あきらめず一緒に取り組んで行きましょう!
飛燕ゼミ12の強み
タイトルとURLをコピーしました